社会貢献

  希望を燃え上がって、積極的なパワーを伝えます

少しずつ温情な日々を流し込み、社会の真情を受けて、今まで、社会責任を理解する上に、我が社は社会の安定と持続可能な発展にますます重大な貢献をしていきます。「団結、誠実、執着、革新」の核心価値観をもって、 国の政策、法律の規範と監督の下に社会責任・使命を担っています。

     市場経済の発展とともに、経済収益多いの成功的な企業家の中で、社会責任感と公益・道徳を持つ企業家はどんどん出てきました。彼たちは命の意味を新たに思考して、企業使命も再定義しました。また、彼たちは自分の才能で慈善家として、国民の責任感を持って公益活動をし、、社会管理を参加して、民間公益伝統を深化しています。「経世済民、人間本位、儀利両立」の経営方法で経済利益と社会利益を獲得します。彼たちにとって、公益は毎企業の責任であり、良心でもあります。十年以来、瀛通は順調で発展していきます。高社会責任感を持つ企業として、瀛通は自身の快速な発展と同時に、企業、社員、パートナの合同発展を求めて、一緒に夢を叶っています。

 

 

 

 「一流人材を育て、一流製品を作り、一流ブランドを創出し、一流企業を創立する」の経営目標で2001年から今まで、瀛通は行動的に会社に報いました。貧しい大学生を援助する、左港現代小学校を建築する、通城一中科技ビル、程鳳中学校食堂、寮の設備用品、道の修築と福祉施設の改善に出資する、救済募金をする。以上の方式でおよそ千万元が寄贈しました。その中で、左港現代小学校は瀛通の理事長黄暉がふるさとを報うために、自ら企画して、出資で建築されたた学校です。2011年1月18日に起工され、敷地面積 11.8平方メートル、建築面積3600平方メートル、全部で850万元投資されました。その学校は「一流の現代教育施設、一流の教育環境、一流の学校運営条件」のような基準で設計され、「中国語、英語、日本語」三国の国語教師人材も揃えました。現在、左港現代小学校は幼稚園、小学校を含めている中国語、英語、日本語で全日制現代化小学校になりました。2012年9月に落成されました。その学校の設立は通城県の教育条件には歴史的な転換、教育環境には重大な突破であります。また、通城教育には大中都市教育の歩みにどんどんつれていることを示していました。

 

       

 

    喜ばしい業績を取りましたけど、瀛通は前進を止めないです。振り返って発展歴史を見ると、瀛通の発展筋道ははっきりしています。それに、長い時間をたつ上で、瀛通は独特的な企業精神が形成しました。激情澎湃的な「瀛通の歌」を感じて、理事長黄暉の指導下で、派手な章を書き、共に瀛通の立派な未来を努力していきます。